LEVEL ★

【LESSON2】もうちょっと詳しく『投資』について知りたい。

【LESSON2-6】

「投資信託」の仕組みってどうなってるの?

それぞれのプロが役割分担をしています

投資信託がどういうものかがわかったら、次にその仕組みを知っておきましょう。

まず、投資信託は「運用会社」が商品化し、運用します。それらの投資信託は主に証券会社、銀行、郵便局などの「販売会社」で販売され、ここではわたしたち(投資家)が、どんな投資信託を買ったらよいのか相談にも乗ってくれます。「信託銀行」は運用会社からの指示により株や債券などを売り買いします。また、投資家から預かった資産の保管・管理もしています。

つまり、投資信託は商品の販売、運用、資産の保管・管理をそれぞれの専門(プロ)の機関がしっかりと担っているのです。

投資信託の仕組み

画像を拡大する

アライアンス・バーンスタイン株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第303号
加入協会:一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会

当サイトは読者の皆様への情報提供を目的としてアライアンス・バーンスタイン株式会社が作成しています。当サイトは信頼できると判断した情報をもとに作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。当サイトに掲載されている予測、見通し、見解のいずれも実現される保証はありません。
当サイトの内容は予告なしに変更することがあります。