LEVEL ★

【LESSON3】『株』『債券』『投資信託』を掘り下げる。

【LESSON3-3】

債券っていくつか種類があるみたいだけど・・・

主に4つの種類があり、すべて「◯◯債」と呼ばれます

ひとくちに「債券」といってもさまざまな種類があります。債券を発行する側(お金を借りる側)がどんな機関かによって、債券の呼び方が変わります。それでは主な債券について見てみましょう。

●国債
その国の政府が発行するもの。正式名称は「国庫債券」で、日本の場合は日本政府が発行しています。元本と利息の支払いを国が補償していて、リスクが比較的低いのが特徴です。

●地方債
地方公共団体(県や市町村)が発行するもの。
※国債や地方債をまとめて公共債と呼ぶこともあります。

●社債
民間の会社が発行するもの。
※このほか社債の一種として転換社債、ワラント債(新株予約権付社債)などもあります。

●外国債(外債)
主に外国の政府や外国の会社などが発行するもの。日本の政府や企業などが外国で発行する債券も、海外で発行されることから外国債と呼ばれます。

債券の種類・すべて○○債と呼ばれます

画像を拡大する

アライアンス・バーンスタイン株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第303号
加入協会:一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会

当サイトは読者の皆様への情報提供を目的としてアライアンス・バーンスタイン株式会社が作成しています。当サイトは信頼できると判断した情報をもとに作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。当サイトに掲載されている予測、見通し、見解のいずれも実現される保証はありません。
当サイトの内容は予告なしに変更することがあります。