LEVEL ★★

【LESSON1】「金融機関」の仕事について掘り下げる。

【LESSON1-1】

金融機関はどんな仕事をしているの?

お金を必要なところにスムーズに届ける仕事をしています

金融機関の仕事は、必要なところにお金をスムーズに届ける(融通ゆうずう) ことです。

たとえば、わたしたちが銀行などに預けたお金は、お金を必要としている政府や企業、個人などに資金を出したり(出資)、貸したりするときの元手として活用されます(⇒Chapter1 LESSON1-1)。

また、生命保険会社や損害保険会社でも、企業に資金を出資したり、貸したりする元手としてわたしたちから集めた保険料を活用しています。

証券会社は株や債券の売り買いを取り次ぐ(⇒Chapter1 LESSON5-1)ほか、株や債券を発行してお金を集めたい企業とそれらに出資したい/貸したい人を探す仕事もしています。

このように金融機関は必要なところにお金をスムーズに届ける仕事を通じて、社会をより豊かにする役割を担っているともいえます。

金融機関の仕事はお金を必要なところへ届けること

画像を拡大する

アライアンス・バーンスタイン株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第303号
加入協会:一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会

当サイトは読者の皆様への情報提供を目的としてアライアンス・バーンスタイン株式会社が作成しています。当サイトは信頼できると判断した情報をもとに作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。当サイトに掲載されている予測、見通し、見解のいずれも実現される保証はありません。
当サイトの内容は予告なしに変更することがあります。