LEVEL ★★

【LESSON1】「金融機関」の仕事について掘り下げる。

【LESSON1-2】

金融機関にはどんな種類があるの?

銀行のほかにも目的によってさまざまな金融機関があります

必要なところへお金をスムーズに届ける(融通ゆうずうする) 仕事をしている「金融機関」ですが(⇒Chapter2 LESSON1-1)、それぞれに特徴があります。どんな金融機関があるか見てみましょう。

●都市銀行(都銀)
東京や大阪などの大都市に本店を置いて全国展開しています。

●地方銀行(地銀)
各地域に本店を置いて地域経済を支えています。

●ネット銀行
インターネット専業の銀行

●信用金庫/信用組合/労働金庫
各地域の中小企業を支えています。

●信託銀行
お金以外にも土地や証券などを預かって運用するサービス(信託業務)を提供しています。

●農林漁業系の金融機関
農協(JA)や漁協(JF)などがあり、預金や貸し出しなどを行っています。

●ゆうちょ銀行
郵政民営化によって誕生した銀行です。貯金の業務などを行っています。

●政府系金融機関
民間では取扱いにくい分野にお金を貸す仕事をしています。日本政策金融公庫など

●生命保険会社/損害保険会社
保険契約した人から集めた保険料を企業などに出資したり、貸す仕事もしています。長期間にわたる出資/貸し出しができる点が特徴です。

●証券会社
株や債券などの金融商品の売り買いを取り次ぐほか、政府や企業などにお金を出資したい/貸したい企業や人を探すことも仕事のひとつです。

アライアンス・バーンスタイン株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第303号
加入協会:一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会

当サイトは読者の皆様への情報提供を目的としてアライアンス・バーンスタイン株式会社が作成しています。当サイトは信頼できると判断した情報をもとに作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。当サイトに掲載されている予測、見通し、見解のいずれも実現される保証はありません。
当サイトの内容は予告なしに変更することがあります。