LEVEL ★★

【LESSON1】「金融機関」の仕事について掘り下げる。

【LESSON1-3】

投資信託の運用会社ってどんなところ?

投資信託を作り、運用しています

投資を始めても、窓口になるのは証券会社や銀行で、実際に投資信託を作り、運用している「運用会社」にはあまりなじみがないでしょう。そこで、投資信託の運用会社がどんなところかを紹介します。

たとえば、○✕運用会社というところでは9つの部門があります。それぞれの部門を簡単に説明すると、法務関係の部門では法令や規則を守るための管理をしており、運用や調査をする部門では企業や市場の様々な情報を収集・調査、分析し運用しており、運用を管理する部門では基準価額の算出など運用に関わる事務や管理業務をしており、お客様向け営業の部門ではお客様への営業およびサービス提供をしており、商品の開発や管理をする部門では投資家のニーズをきちんと把握し、商品の開発やお客様向けの継続サービスを行っており、マーケティング部門では、PRやブランディングに関するマーケティング業務を行ったりと様々な業務を行っているのです。

画像を拡大する

アライアンス・バーンスタイン株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第303号
加入協会:一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会

当サイトは読者の皆様への情報提供を目的としてアライアンス・バーンスタイン株式会社が作成しています。当サイトは信頼できると判断した情報をもとに作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。当サイトに掲載されている予測、見通し、見解のいずれも実現される保証はありません。
当サイトの内容は予告なしに変更することがあります。