LEVEL ★★

【LESSON2】いろいろな角度から「投資」を見てみる。

【LESSON2-7】

わたしに合う金融商品って?

自分のスタイルに合わせて選びましょう

Chapter1からここまで、金融商品にはさまざまな種類があることを学んできました。いざ、投資を始めようというときに、何を買えばいいのか迷ってしまいますよね。そこで、学んできた金融商品の中から、株、債券、投資信託を例に自分のスタイルを見つけてみましょう。

金融商品の特徴

画像を拡大する

*企業は、利益の一部を株主に配当として分配しますが、経営方針や業績によっては配当しないこともあります。

**投資信託の運用状況等によっては、分配金が支払われない場合もあります。
金融商品の売り買いをするときには、株や債券は売買委託手数料、投資信託は購入時手数料や売るときに信託財産留保額しんたくざいさんりゅうほがくが必要な場合がありますので、事前に確認しておきましょう。

最後に

Chapter1からこのChapter2を読み進めてきて、「お金に強く」なれたでしょうか?以前より少しでも投資が身近になっていればわたしたちはうれしく思います。

アライアンス・バーンスタイン株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第303号
加入協会:一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会

当サイトは読者の皆様への情報提供を目的としてアライアンス・バーンスタイン株式会社が作成しています。当サイトは信頼できると判断した情報をもとに作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。当サイトに掲載されている予測、見通し、見解のいずれも実現される保証はありません。
当サイトの内容は予告なしに変更することがあります。